ページトップ

美容・健康コラム
  • BEAUTY & HEALTH COLUMN
  • 美容・健康コラム

2017年06月28日美容コラム

インナードライ

「触るとベトベトしているのに何だかつっぱって乾いている 」 こんな症状を美容業界で俗に「インナードライ と呼びます。
バリア機能の低下やターンオーバーの乱れなどさまざまな要因から、肌の角質層の水分量が減少し、これ以上の水分の蒸発を抑えようと皮脂が過剰分泌している状態です。現代の日本人女性の約8割が発症する可能性があるとされ、問題視されています。加齢により肌の機能が衰えがちな40代以降の女性は特に注意が必要です。
 
この症状になる人の多くは、肌の表面がベトベトしているから単なる脂性肌と思い込み、皮脂を落とそうとゴシゴシと洗いすぎて自ら悪化させてしまっています。 一番の問題点は肌の深部がスカスカになるほどの乾燥。 深部の乾燥が深刻になると大人ニキビ、毛穴の黒ずみ、毛穴の開き、シミ、クスミ、メイクののりが悪くなるなど、女性にとって不快な症状を次々と引き起こします。
 
《インナードライを改善するセルフケア》
1.洗顔、クレンジングのゴシゴシは厳禁。静かに浮かせてオフ!
 2.過度なダイエットはせず、必要な栄養を摂る
3.自分に合うシンプルなスキンケアで肌を安定させる
4.内側の乾燥を改善するため生活習慣を見直す
  ・冷暖房に長時間あたらない
  ・紫外線から肌を守る
  ・37~40℃のお湯で入浴習慣をつける
  ・質のよい睡眠をとる
  ・ストレスをためすぎない
 
《大量に汗、皮脂の出る夏は気をつけて!》
汗、皮脂が出たらそのままにせずに、コットンやティッシュ、タオル等で、拭き取るというより優しく吸い取る感じでケアしてください。そのままにしているとファンデーションと混ざって化粧崩れを起こしたり、肌の潤い成分も一緒に蒸発してしまい乾燥が加速します。夏場はオフィスも自宅も冷房されており、湿度が普段より低くなります。これだけでも肌は乾燥していますので二重のダメージ!夏の肌こそたっぷりの保湿を心がけて下さい。化粧水は肌に浸透しなくなるまで何回かに分けて塗ってみましょう。最後に油分少なめのクリームでフタをする感じでスキンケアをしてみて下さい。油分の多いクリームや美容液をつけ過ぎるとニキビを誘発することがあります。
 
キラのパウダーファンデの一番新しいバージョン(EX52,53,54,56)は撥水撥油の特質を持っていて、汗と混ざって崩れることが少ないパウダーです。
サラッとした付け心地で毛穴を埋める感じがしないのも大変好評です。是非お試しください。 
キラ化粧品の「夏のお肌対策」こちら
新着関連記事

一覧へ戻る